6月
10

ウェディングドレスを選びます(新郎)


著者: dressinfo
まだコメントはありません

新郎は自分に似合う礼服を選ぶのも容易な事でありません。すべての新郎が王子でありたいのではないのです。しかしすべての新郎はきっと挙式でスマートな新郎になりたいと思います。

まず、新郎は必ず自分の肌色を考慮しなければいけません。新郎の礼服は単調であるけれども、真剣に各要素をかねて考慮して選びます。

次は、室外挙式かどうかを考慮して、挙式場所の設計と格調に基づいて礼服のタイプをえあらびます。もし室外挙式なら、新郎はできるだけ浅い色の礼服を着ます。もしホテル挙式であるならば、荘重な雰囲気を増やすことを考慮して、暗色の礼服をきます。

それから、専門家、あるいはイメージ顧問の意見に問い合わせることができます。これらの専門家は一般的に新郎の体型、気質、肌色と個性に基づいて急所を突いた意見に与え出すことができます。

最後、新郎は必ず礼装した礼儀を理解しなければいけません。違った儀式、違った場合および違いの時間が選ぶ礼服は異なっていて、例えばお昼と夜、特に、夜の時、新郎は必ず嫁の夜会服を組み合わせることに注意して調和している色とタイプを選ばなければいけないです。

アドバイス:
1、背の低い場合:燕尾服と長い礼服が似合わなく、できるだけ単一の襟、襟先が向上する礼服とまっすぐな紋様の礼服を選びます。このように新郎の背を高くように見えます。

2、背の高い場合:燕尾服を着いていてとてもお洒落です。燕尾服が新郎の気質と紳士の感じを演出することができます。

3、痩せっている場合:立ち上がった布地の素材を選びます。新郎の痩せている体格を隠すのに用います。

4、太っている場合:濃色(黒は最も良いです)の布地を選びます。燕尾服と二重の襟の礼服が似合いません。



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.