6月
10

ロマンチックな室外挙式の適用音楽5-8 Victoria Acosta 「Could this be love」


著者: dressinfo
まだコメントはありません

5・Victoria Acosta  Could this be love
“Could This Be Love That I Feel   So Strong So Deep And So Real”

これは05年に出てきたとても温かい歌で、Victoria Acosta の声は自然であり、美しい愛情を説明しています。この歌の自然なメロディも同様で、室外挙式の音楽に適応します。「Two Hearts Beating Together As One」は二つの心を一つに融合させます。

5cf34a93ga4c738d0e5af&690
6、厳爵「夏の太陽のロマンチックな思い」

厳爵は新しい時代の作曲才子で、この「夏の太陽のロマンチックな思い」はすぐ彼の作曲才気を証明することができます。もしあなたたちのラブストーリーは美しい夏から始まるのなら、かまわなくこの軽いジャズの味を持っている歌を選んで、新婚さんの写真と組み合わせて使い、一種のとても楽しい雰囲気を造営し出します。

7、何潔「love me real」

F:  I think I know what the blue moon will get you to say
M:  I’ll bring you up to the Milky Way for jewelry
F:  Too many vows like this one will make us silly
M:  You are the only dream I wish to come true

映画「自業自得の独身」の中、何潔は優しくこの歌を歌って、観衆に献上しました。同時に男女の主役である俳優はこの歌がとても好きです。とてもロマンチックな出合いでしょうね。室外挙式でこの歌を流れさせるのはきっと素晴らしい効果を出します。何潔がこの歌を歌う時の背景は室外の挙式です。ロマンチックにこの歌を歌っていて、男女の主役に向かい歩んでいます。この映画を見た方は覚えているのでしょう。

5cf34a93ga4c73a057196&690

8、陳慧琳「love paradise」

I’ll love you till I die
Deep as sea wide as sky

The beauty of our paints rainbows
Everywhere we go
Need you all my life

この音楽は室外挙式、新婚さんが指輪を交換する時、キスする時に適用します。歌が表す意味は言わなくても明らかです。このわずかな幸せな時間はただ新婚さんの二人に属します。



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.