9月
24

結婚式当日のスナップ撮影


著者: dressinfo
まだコメントはありません

結婚式当日のスナップ撮影

専門業者に頼んで結婚式当日のスナップ撮影を
行ったカップルは、全体の8割以上。
結婚式のはじめから終わりまで密着して撮るので
さまざまなシーンを残せるのが魅力。

結婚式当日は、一日完全密着してもらおう

当日の様子をリアルに記録したいなら
結婚式を熟知したプロに任せて安心

ふたりの記念撮影やゲストとの集合写真にはない、結婚式ならではの決定的な瞬間を逃さずおさえてもらえるのがうれしいスナップ撮影。当日のお支度から、お願いすれば二次会まで一日中密着可能。

スナップ写真を友人や親戚にお願いすると、撮り忘れやブレなどハプニングが起こりがち。光が安定せず、動きが多い結婚式の撮影は慣れていないと難しい面も。やはりここはプロに任せるのが正解! ただし、会場によっては挙式会場内の撮影に制限がある場合や持込料がかかることもあるので事前確認を。

とにかく花嫁は最高キレイに撮られるべき!
うっとり女優気分も満喫できる

結婚式の主役はやはり花嫁。何度も花嫁を撮ってきたカメラマンは、きれいなポーズやアングルを熟知。笑顔だけでなく、ブーケを持って挙式に臨む凛とした姿やメイク中の緊張と高揚が入り混じった表情など、この日を迎えた感動が伝わるポートレートを撮影してくれる。一生大切にしたい宝物になる予感。

絵になる一瞬を狙って撮影
結婚式ならではの臨場感をそのままに

フラワーシャワーやブーケトスはほんの一瞬のできごと。こんな動きのある難しいシーンでも、プロは先回りしてベストアングルからばっちりおさえてくれる。ふたりが目線を交わすさり気ないシーンや家族が涙ぐむ姿など、臨場感たっぷりに撮影。「こんなシーンあった?」と驚くほど生き生きした写真が残せる。

指輪やティアラ、小物も忘れずに
結婚式の思い出になるものはすべて記録

ケーキ、ブーケ、ティアラなど、結婚式のこだわりディテールも記録に残しておきたいもの。アルバムにまとめる時も、こうしたイメージ写真がメリハリをつけるのに役立ち、すてき な脇役ぶりを発揮。挙式・披露宴のシーン撮影も含めるならカット数は多めに。合計400カットくらいはお願いしてもよいかも。

成功の秘訣はカメラマンやショップとの打ち合わせ

当日の流れや演出内容は事前に伝えて
打ち合わせでおさえたいポイント

事前の打ち合わせでは、当日の式の流れ、絶対撮ってほしいシーン、写真のトーン(明るさや雰囲気)などを決めておくと後悔がない。カメラマンの作品集や見本のアルバムなどを見ながら相談してみて。

納品されるアルバムの形態も事前に決めるのが普通。ネガやデータは全部もらえるのか、それともセレクトした一部のみなのか、ゲストに焼き増しして配る際の追加料金や納期はどうなるのか、まとめて確認しておこう。

 

ウェディングドレス、カラードレス、ミニドレス通販をお探しでしょうか。ドレス激安通販店(http://www.btdoresu.com/)は高品質の様々なドレス通販を低価格でご提供いたします。お客様が自分のオフィスまたは家で、豊富な商品をご覧になっている間、当社はお客様のことを第一に思い、最高の商品を最低の価格でお届けできますよう商品を選択しております。

 



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.