9月
20

運命のドレスを見つける極意


著者: dressinfo
まだコメントはありません

運命のドレスを見つける極意

可愛いと思ったドレスが、着てみるとイマイチ・・・
なんてこと、実は多いんです!体型に合ったシルエットを選ぶことが、自分にピッタリなドレスを探し出すキーポイントとなりそう。

体型パーツ&全身バランスのお悩み解消テクニック

あなたの気になる悩みはどれ?
体型の悩みはドレス選びで解決を

二の腕が太い、ぽっこりとしたお腹etc.・・・。誰しもが持つ体型のコンプレックス。そんなお悩みも、体型カバーのポイントさえおさえれば、スッキリ解消できる。そこでまずチェックしたいのが、自分の体型に合うドレスのデザイン&シルエット。ここでは、ドレス美人になるための極意をお悩みパーツ別に紹介します!

首が短い首が長い
首の長さのお悩み

首が短いと、胸元が詰まって顔が大きく見えがち。一方、首が長いと上半身が縦にひょろ長く感じることも。首から胸元までの空間を調整して、上半身のバランスを取れば大丈夫。

デコルテの空間を足し引き

首が短い人は、キャミソールやVネックで首元をスッキリ。首が長い人はハイネックなど程よく隠せるデザインを。

胸が大きい胸が小さいはと胸
胸のお悩み

グラマーな人は、胸のボリュームで上半身がぽっちゃり見えることも多い。ぺちゃ胸だと、胸元がスカスカで貧弱に・・・。バストラインの高さを調整して、ボリュームを上手にコントロールして。

胸元のボリュームを調整

大きな胸は、ビスチェなどで上半身をコンパクトに。胸が小さい人は、胸元に装飾があるドレスでふくらみを作って。

背が高い背が低い
身長のお悩み

スラリとしてカッコいいけど、大柄に見えがちな長身タイプ。逆に、背が低いと子供っぽい印象になりがち。視覚のトリックでドレスの重心の位置を変え、身長のコンプレックスをクリア!

ドレスの重心を変える

長身の人はボトムにボリュームを持たせ、高さを抑えて。身長が低い人は、ハイウエストのドレスで視線を上向きに。

なで肩いかり肩
肩のお悩み

がっしり感が目立ちやすいのが、いかり肩。なで肩は横幅がなく、顔とのアンバランスが心配。どちらも肩の横ラインを意識したデザインを選べば、首から肩、胸元のラインを美しく演出可能。

袖や肩先のデザインに注目

いかり肩は、アメリカンスリーブでスッキリさせて。なで肩は、パフスリーブや肩先に小花を飾って肩幅をプラス。

貧相ずん胴全体にボリュームがない
やせのお悩み

胸もお尻もやせ過ぎで、全体が貧弱に見えがち。そんなやせ体質な人は、全身にボリュームを持たせるのがイチバン。立体的なモチーフ使いでメリハリを演出しつつ、華やかに着こなそう。

立体モチーフを上手に使う

胸元にフリル&プリンセスラインのドレスで体の厚みを補強。細すぎる腕はパゴダスリーブなどで上品に隠して。

太め下半身上半身がムチムチ
ぽっちゃりのお悩み

上半身なら二の腕や胸元、下半身はウエストからヒップまで、全身のボリューム感が気になるところ。全体のバランスを抑え、バランスよく見せるドレスシルエットで太めイメージから脱却できる。

上下の対比でメリハリ強調

胸元はVネックやビスチェで程よく肌見せし、ボトムにボリュームのあるAラインのドレスでメリハリを。

太くてたくましい二の腕
二の腕のお悩み

お悩みの中でも多いのが二の腕の太さ。ぷるぷるとした二の腕は、上半身が太く見えやすい。この場合、袖のデザインで工夫を。隠すだけでなく、程よく見せることで美しいアームラインになれる。

袖のデザインで腕をカバー

パフスリーブや七分丈で腕の最も細い部分だけを露出。袖口が広がるパゴダスリーブも、視覚効果で腕がほっそり。

デカ尻小さすぎるお尻
お尻のお悩み

お尻が大きいと下半身が目立つし、小さすぎると後ろ姿がスカスカに。お尻の大小を気にさせないボリュームのあるドレスや、バックラインに装飾のあるドレスでオシャレに装おう。

ボリューム感で上手く隠す

プリンセスラインは、スカートのボリュームで下半身を丸ごとカバー。後ろに存在感のあるバッスルもオススメ。

お腹がぽっこり出ている
お腹まわりのお悩み

下腹がぽっこりしていると、ウエストが太く見えがち・・・。お花コサージュや大きめリボンなどのワンポイント、ギャザーなど、ウエストラインにアクセントを置くことで、お腹から視線を外すことができる。

腰まわりにアクセント

トップスが下腹部を覆うセパレーツタイプはくびれを演出。ウエストの花やリボン、ギャザーなどで目隠しも有効。

顔が大きい丸顔面長ベース逆三角形
顔型のお悩み

顔の大きさのほか、顔の形もドレス選びに影響が。そんなパーツのお悩みには、ネックラインや袖のデザインでデコルテにメリハリをつけよう。美バランスの小顔&卵型フェイスに近づくはず。

襟元&袖でバランスを取る

顔が大きい人や丸顔にはVネック、面長はハイネック、ベースならビスチェ、逆三角形はオフショルダーが◎。

雰囲気重視でドレスを選ぶためのキーワード&ヒント気になるイメージはどれ?
雰囲気重視でドレスを選ぶためのキーワード&ヒント

雰囲気からドレスをコーディネート

「ロマンチックな花嫁になりたい」、「ゴージャスに着こなしたい」など、夢が膨らむドレス選び。ここでは、なりたいイメージから憧れのドレスを探すときのポイントを伝授。ブーケや小物といったドレスまわりのアイテムはもちろん、会場との相性も考えてトータルでなりたい花嫁を演出できるコーディネートを。

可愛い

ポイントは、可憐さと甘さのある女の子らしいモチーフ使い。小花のレースやフリル、リボンのほか、チュールやオーガンジーのフワフワとしたデザインなどを選んで。

大人っぽい

マーメイドやスレンダーなど、シルエットがスッキリとしていて洗練されたイメージのドレスがオススメ。ホルターネック、ワンショルダーはクールな印象を演出。

シンプル

Aラインやソフトスレンダーなど、ドレスラインがベーシックで清楚な感じのもの。パールやビーズの刺繍やワンポイントされたコサージュなどで、上品かつモダンに。

ゴージャス

キラキラとしたスパンコールやラインストーンなど、大人っぽくて高級感のあるデザインを。ボリュームのあるドレスライン、装飾や素材にこだわれば、存在感のあるリッチな印象に。

ロマンチック

繊細なリバーレースや小花刺繍を施した優美なデザインのほか、お姫様気分を味わえるプリンセスラインなどもオススメ。最近は甘すぎず、エレガントなデザインがトレンド。

クラシカル

大聖堂や赤い絨毯にも映える総レースやカットワークを施したロングトレーン、首元や腕をレースで覆った露出の少ないデザインなど。品格を重視した正統派の花嫁イメージ。

ちなみに、、ウェディングドレス、カラードレス、ミニドレスをお探しの方に絶対オススメ通販店があります!ドレス激安通販店(http://www.btdoresu.com/)は最高の商品を手頃価格でお届けできますよう商品を選択しております。



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.