9月
18

挙式スタイル<神前式>の紹介


著者: dressinfo
まだコメントはありません

挙式スタイル<神前式>の紹介

三三九度や玉串奉奠などの儀式、雅楽や和装をはじめとする日本古来の凛とした伝統美が印象的な挙式スタイル。ホテルや式場の中にある仮神殿でも行えるほか、神社での本格的な式も可能で、年々、人気上昇中。

神前式って、どんな挙式スタイル?

昔ながらの伝統スタイルが、逆に新鮮で魅力的!
思わず姿勢を正したくなる厳かな神前式

古くさい、和装が似合わない、親族しか列席してもらえないなど、先入観で敬遠されがちだった神前式。実はかわいい和装も多く、会場の広い神社などでは友人や知人が列席可能なことも。近ごろは伝統を重んじるスタイルが逆に新鮮!と神前式は静かなブーム。地域によって異なるが、15.6%のカップルがこのスタイルで式を挙げている。

神前式を挙げる場所はどこ?
本格式なら神社で、式場やホテルの仮神殿でも

本格的な神前式は神社で行う挙式だが、式場やホテルでも館内神殿での挙式が可能。神前式は親族しか列席できないものと思われがちだが、スペースの関係で40名ほどの収容人数となってしまうことが多いホテルや式場の仮神殿が理由のよう。収容人数が多ければ友人や知人の列席もOK。

おもてなしを考え、一般に浸透した神前式
神前式の起源って?

現在のような神社で行う形に整えられたのは、明治33年に行われた大正天皇のご成婚が最初。ただし一般に広まったのは第二次世界大戦後。それまでは新郎の自宅に身内の者が集まり、床の間に祀られた神様の前で行うスタイルだった。

神前式ってどう進行するの?式次第を教えて

たくさんの作法に恐れることなかれ!
素直な気持ちで、堂々とふるまえばOK

神前式では三三九度や玉串奉奠など独特の所作がたくさんある。もちろんそれぞれに決まった作法はあるものの、いちばん大切なのは素直な気持ちで臨むこと。式の流れについては前もって斎主や巫女さんが手取り足取り説明してくれるし、式中もきちんと指示を出してくれるので、心配しなくても大丈夫。

神前式の流れ

参進の儀(さんしんのぎ)

結婚の儀を告げる雅楽が演奏される中、斎主・巫女に先導された“花嫁行列”が本殿・御社殿まで進む。

入場

斎主、新郎新婦、仲人、親、親族が入場。神社では楽人が先頭。神前に向かい右側に新郎、左側に新婦が座る。

修祓(しゅうばつ)

一同起立、斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受ける。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が神前にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈る。

誓盃の儀(せいはいのぎ)

三三九度の盃。新郎新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結ぶ。

神楽奉納(かぐらほうのう)

巫女が神楽に合わせて舞を奉納する。神社によってはない場合も。

誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が神前に進み出て、誓詞(=誓いの言葉)を読み上げる。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝二拍手一礼」。仲人夫妻、両家代表が続く。

指輪の交換

結婚指輪の交換をする。

親族杯の儀(しんぞくはいのぎ)

親をはじめ両家の親族が、順に御神酒をいただく。

斎主あいさつ(さいしゅあいさつ)

斎主が、結婚の儀がとどこおりなく終了したことを報告する。

退場

全員が退場。

 

 

ウェディングドレス、カラードレス、ミニドレス通販をお探しでしょうか。ドレス激安通販店(http://www.btdoresu.com/)は高品質の様々なドレス通販を低価格でご提供いたします。お客様が自分のオフィスまたは家で、豊富な商品をご覧になっている間、当社はお客様のことを第一に思い、最高の商品を最低の価格でお届けできますよう商品を選択しております。



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.