9月
05

あなたの魅力をUPさせるウエディングドレス選び2つのコツ


著者: dressinfo
まだコメントはありません

友達の結婚式に参加してみて、自分の時はもっと素敵な式を挙げようと思うのが女子の本音。一生に一度の晴れ舞台、花嫁の魅力を最大限に引き出すウエディングドレス選びのコツをプロに聞いてきました。

 

l         都会か? 地方か?? 挙式会場によって映えるドレスが変わる

都会の式場は「コンパクト型」。花嫁と参列者の距離が近いため、重要なのが「近目バランス」。お付きが何人も必要な、一人じゃ歩けないドレスや長すぎるトレーンはNG。見た目の派手さよりも、ナチュラルでシンプルなドレスがベター。実際、花嫁の年齢が高いこともあり、ドレスの質の良さやカッコ良さに重点を置く人が増えてきているのだとか。ストーンとした形のドレスがオススメです。

 

一方、地方は「劇場型」。挙式会場が広いので、遠目で見て美しいと感じるような「遠目バランス」を重要視して。シンプルすぎると寂しく見えてしまうこともあるので思い切って派手なドレスでもOK。遠くの席からでも目を引くような広い会場に負けない華やかなドレスがオススメです。

 

l         体型別で考える 似合うドレス 似合わないドレス

背の高い人‐‐基本どんなタイプのドレスもOK。ただし、新郎との背の高さのバランスを考えて。

背の低い人‐‐キュート系がおすすめ。高いところに目線を持ってゆきたいので、上半身にポイントがあるものやウエストを高くしたデザインが○。

肩幅がある人‐‐上半身に目線を行かせないようローウエストを選んで。

自分の好みもいいけれど、せっかくのドレスなので自分に似合うものをスタイル良く見せたいもの。試着の際は近いところ、遠いところ両方から見て全身のバランスをチェックすることをお忘れなく!

 

大事なのは「自分はどんな結婚式を挙げたいか」ということ。結婚式にはその人の価値観、センスなど個性が垣間見れるもの。まずはそのイメージから連想してゆくと、あなたにぴったり合った運命のウエディングドレスが見つかるかもしれませんよ!



レビューを書く

You must be logged in to post a comment.